自己破産後のクレジットカードはどうなる?

自己破産後のクレジットカードはどうなる?

たくさんの借金を抱えて自己破産を行うと、クレジットの個人信用情報にはガッツリと自己破産の事故情報が掲載されます。さらに自己破産の場合は国が発行する官報にも破産者リストに名前が載ることになります。

クレジットの個人情報の方は情報の保持期限が最長で5年なので、5年でブラックリストから外れることになりますが、官報の破産者リストに載るのは7年から10年です。自己破産をすると長い間ブラックリストに名前が載ることになります。

自己破産を行おうと考えてる方で、自己破産後のクレジットカードはどうなるのか。気になる方もいるでしょう。

まず自己破産前に作成して持っていたクレジットカードですが、自己破産をすればクレジットの個人信用情報に自己破産の情報が載っていますから、もちろん使うことはできません。

新しくクレジットカードを作成するにもブラックリストに載っているため、自己破産後5年間は作成ができません。5年を超えると官報には名前が載っているが、クレジットの個人信用情報にはデータが抹消されているという形になるので、自己破産から5年がたてばクレジットカード作成できる可能性もあります。

しかし5年間はクレジットカードが持てないわけですから、何かと不便な生活を強いられることになると思います。

そんな方におすすめなのが、デビットカードです。デビットカードであれば、銀行口座の残高の範囲内でクレジットカードと同様の使い方ができます。インターネットで通販で何かを買う場合でも、今はクレジットカードと同様にデビットカードが使えるところも増えてきました。

またデビットカードに VISA 機能を追加した VISAデビットも登場しているので、クレジットカードとほとんど変わらない使い方ができます。

クレジットカードが再び作成できるようになるまでの期間はこの VISA デビットで過ごすと良いでしょう。

債務整理について記事一覧

多重債務で金欠。生活費にも困る場合はどうしたらいい?
多重債務で金欠で生活費がなくなってしまうほど困窮している場合は、債務整理を行ったり、負債をおまとめローンに1ヶ所にまとめてしまうなどの方法を考えなければなりません。
自己破産後のクレジットカードはどうなる?
新しくクレジットカードを作成するにもブラックリストに載っているため、自己破産後5年間は作成ができません。
弁護士・司法書士・行政書士、債務整理の専門家は誰にする?
債務整理を行うなら全国展開で自分が住む地域にも事業所がある司法書士事務所や行政書士事務所に依頼すると良い
任意整理とは?多重債務の債務超過を清算するには
債務整理を扱う弁護士や司法書士などでは、初回の相談料無料のところも多いため、そのようなところでまずは相談してみると良い
自己破産するとどうなる?もうどこからも借りれないのか?
自己破産をしたからといって、生活に必要なものすべてが取り上げられてしまうわけではない