自己破産するとどうなる?もうどこからも借りれないのか?

自己破産するとどうなる?もうどこからも借りれないのか?

返済が不可能なほどの多重債務に陥ってしまった方の債務整理の方法の1つに自己破産があります。

自己破産は、法律によって借金をすべて帳消しにしてしまうという仕組みです。国から破産宣告を受けて免責決定が降りると、それまでに抱えている借金の返済義務が無くなります。

自己破産をすると給料差し押さえられたり、家財道具を取り上げられてしまったり、あるいは選挙権がなくなるなど、様々な誤ったことを知識として植えつけられてしまっている方が多いです。

実際に自己破産をすると、それほど大変なことというのはあまりなく、借金の返済に追われていたのが肩の荷が降りて非常に楽になるという方のほうが圧倒的に多いです。

まず給料を差し押さえられるといっても、自己破産をした後に法律で差し押さえができる金額は給料の4分の1までと決められています。自己破産をしたからといって給料が入ってこないというわけではありません。

また、家財道具などをすべて取り上げられてしまうと考えている方もいますが、取り上げられてしまう家財道具というのは20万円以上する預金や家財道具になります。普通に暮らしていれば1点で20万円以上もするものを使っているというのはあまりないでしょう。せいぜいを大画面のテレビぐらいでしょうか。生活必需品も差し押さえることはできませんから、自己破産をすると家財道具がすべて差し押さえ来てしまうというのも、間違っています。

もちろん自己破産をしたからといって選挙権が失われるわけでもありません。

自己破産をした事実は役場へ行って官報などを調べない限り、普通の人には自己破産をしたと気づかれることはまずないでしょう。

自己破産をしたからといって、生活に必要なものすべてが取り上げられてしまうわけではないので安心してください。

債務整理について記事一覧

多重債務で金欠。生活費にも困る場合はどうしたらいい?
多重債務で金欠で生活費がなくなってしまうほど困窮している場合は、債務整理を行ったり、負債をおまとめローンに1ヶ所にまとめてしまうなどの方法を考えなければなりません。
自己破産後のクレジットカードはどうなる?
新しくクレジットカードを作成するにもブラックリストに載っているため、自己破産後5年間は作成ができません。
弁護士・司法書士・行政書士、債務整理の専門家は誰にする?
債務整理を行うなら全国展開で自分が住む地域にも事業所がある司法書士事務所や行政書士事務所に依頼すると良い
任意整理とは?多重債務の債務超過を清算するには
債務整理を扱う弁護士や司法書士などでは、初回の相談料無料のところも多いため、そのようなところでまずは相談してみると良い
自己破産するとどうなる?もうどこからも借りれないのか?
自己破産をしたからといって、生活に必要なものすべてが取り上げられてしまうわけではない