任意整理とは?多重債務の債務超過を清算するには

任意整理とは?多重債務の債務超過を清算するには

債務整理の方法として行う方がもっとも多いのがこの任意整理という方法です。

任意整理とは簡単に言うと自己破産とは違って裁判所通すことなく、弁護士等があなたがお金を借りている債権者に直接和解交渉を行うことです。弁護士が代理に立つことで、金融業者からの取り立ても止まり、それ以降に発生する借入利息もストップさせることができます。
毎月無理なく返済にできる金額を弁護士が債権者とともに取り決め行い、無理なく返済できる金額まで減額した内容で和解契約を締結します。

これによって、多くの場合、借りたお金の元本だけを返済していけばよいことになり、無理のない返済ができるようになります。また、かなり長い間借り入れと返済を行っていて、任意整理の手続きを行った時点で利息の過払いが発生しているようであれば、同時に過払い金の回収も行ってもらえます。

任意整理を行うと自己破産と同様に個人信用情報に金融事故の情報が記載されます。いわゆるブラックリストに載ってしまうわけですが、任意整理の場合は自己破産と違って官報には記載されないため、ブラックリストに載っている期間は CIC など個人信用情報を扱っている会社が情報を掲載し続ける機関である5年間ということになります。

5年後には再びクレジットカードを契約できるようになったり、大手の消費者金融で新たなお金の借入も申し込んだりすることができるようになります。

自己破産に比べれば、約半分という期間でブラックリストから外れるので、多額の負債を抱えた方には任意整理を選択する方も多くいらっしゃいます。

自分が自己破産と任意整理では、どちらが良いのか判断がつきかねる方も多いと思います。

債務整理を扱う専門家である弁護士や司法書士などでは、初回の相談料を無料にしているところも多いため、そのようなところでまずは相談してみると良いでしょう。

債務整理について記事一覧

多重債務で金欠。生活費にも困る場合はどうしたらいい?
多重債務で金欠で生活費がなくなってしまうほど困窮している場合は、債務整理を行ったり、負債をおまとめローンに1ヶ所にまとめてしまうなどの方法を考えなければなりません。
自己破産後のクレジットカードはどうなる?
新しくクレジットカードを作成するにもブラックリストに載っているため、自己破産後5年間は作成ができません。
弁護士・司法書士・行政書士、債務整理の専門家は誰にする?
債務整理を行うなら全国展開で自分が住む地域にも事業所がある司法書士事務所や行政書士事務所に依頼すると良い
任意整理とは?多重債務の債務超過を清算するには
債務整理を扱う弁護士や司法書士などでは、初回の相談料無料のところも多いため、そのようなところでまずは相談してみると良い
自己破産するとどうなる?もうどこからも借りれないのか?
自己破産をしたからといって、生活に必要なものすべてが取り上げられてしまうわけではない