多重債務で金欠。生活費にも困る場合はどうしたらいい?

多重債務で金欠。生活費にも困る場合はどうしたらいい?

いくつもの金融からお金を借りて多重債務に陥ってしまうと、毎月の支払いや利息だけでもかなりの額になってくるので本当に生活が苦しくなりますね。

支払い先が何社にもわたっていると、それぞれの借入先からの金額は少ない分、利息は最高の利息を適用されているはずです。

さらに、複数の借入先があると、毎月の返済もその都度振込手数料がかかってしまいます。一件210円で振込ができたとしても、振込先が5件もあればそれだけで1050円の手数料がかかります。これもちょっとした利息みたいなものですよね。非常にもったいないです。

これでは生活費に困ってしまうのも致し方ない状況です。

多重債務で生活費がなくなってしまうほど困窮している場合は、債務整理を行ったり、負債をおまとめローンに1ヶ所にまとめてしまうなどの方法を考えなければなりません。

債務整理については、専門家にメール相談など無料で相談できるところも全国にたくさんあるので、自分がどのような債務整理の方法に向いているか相談してみると良いでしょう。

債務整理にも弁護士や司法書士に支払う費用が発生しますが、ほとんどの弁護士や司法書士は、債務整理の手続きが完了後の後払いに対応していて、さらに分割払いにも対応しているので、債務整理が終わって借金が減った状態からの支払いになるのです。

そのため、弁護士費用などを支払いつつも、意外と毎月の負担は現状よりも軽くなっているものです。

生活費に困るほどの多重債務では、未来の展望も描けないと思います。まずは債務整理の専門家に無料相談をしてみるところから始めてみてはいかがでしょうか。

債務整理について記事一覧

多重債務で金欠。生活費にも困る場合はどうしたらいい?
多重債務で金欠で生活費がなくなってしまうほど困窮している場合は、債務整理を行ったり、負債をおまとめローンに1ヶ所にまとめてしまうなどの方法を考えなければなりません。
自己破産後のクレジットカードはどうなる?
新しくクレジットカードを作成するにもブラックリストに載っているため、自己破産後5年間は作成ができません。
弁護士・司法書士・行政書士、債務整理の専門家は誰にする?
債務整理を行うなら全国展開で自分が住む地域にも事業所がある司法書士事務所や行政書士事務所に依頼すると良い
任意整理とは?多重債務の債務超過を清算するには
債務整理を扱う弁護士や司法書士などでは、初回の相談料無料のところも多いため、そのようなところでまずは相談してみると良い
自己破産するとどうなる?もうどこからも借りれないのか?
自己破産をしたからといって、生活に必要なものすべてが取り上げられてしまうわけではない